埼玉県川口市の探偵「ガルエージェンシー川口埼玉」さいたま市、川口市、戸田市、蕨市、大宮区、浦和区、蕨市、埼玉県はじめ東京他全国対応。浮気調査・人探しのことならお任せください。

埼玉県西川口の探偵社「ガルエージェンシー川口埼玉」浮気調査・人探しなどの探偵調査はお任せ下さい!

埼玉県川口市「総合探偵社ガルエージェンシー川口埼玉」へのお問い合わせTELはこちら
埼玉県川口市「総合探偵社ガルエージェンシー川口埼玉」へのお問い合わせTELはこちら
埼玉県川口市「総合探偵社ガルエージェンシー川口埼玉」へのお問い合わせはこちら

埼玉県の探偵・評判のガルエージェンシー川口埼玉の無料相談

こんな相談がありました。

夫の過去の不倫を許せないのです・・・・・・

相手の女性から慰謝料を取りたいと思いますが、不貞(不倫、浮気)の証拠が問題です。

しかも過去の事なんです。

それでHPを色々見ているうちにここHPにいきあたりました。

 

HPでは離婚する場合の証拠について取りあげられていますが、夫の不倫相手から医者料を場合はどうなるでしょうか。

私は、はっきり性行為があった分かるメール(夫、相手の女性双方の分)を印刷したものを持っています。このようなレベルなら不貞があったという証拠になるでしょうか?

又これは偶然パソコンに夫のパスワードが残っていたため、もしやと思ったわたしが夫のメールBOXまで進んで、知り得たもにです。

盗聴などは証拠といそいて認められないケースもあり

この場合どうでしょうか。

現在ではLINEなどの発覚が多くあったと想いますが。

慰謝料までの請求となると・・・・・・・・・

違法取得

刑事事件では、違法に取得『収集』された証拠につおて、原則として証拠能力を否定

あれますね。(証拠として法廷に提出する事を認めない)その趣旨の判決多くあります。

捜査機関の違法捜査を防止するために証拠能力を否定することが有効だからなんです。

民事事件では証拠能力について規定する法律はありませんが、民事事件でも同様な考え方はあります。

民事事件では、違法収集証拠につき証拠能力を肯定した判例も、否定した判例もあります。 他人の家に入る。暴力を使うなどの重大な違法行為の場合は、得られた証拠は却下

されるでしょう。

他人のパスワード(夫婦でも他人扱いとされる)使ってメールBOXにアクセスする行為は

不正アクセス行為の禁止等に関する法律3条1項に該当します。

これに対する刑罰は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金と軽めです。

あなたの行為はこれに当たりまが芸罰は軽く、しかも、同居の夫婦間の行為です

違法行為として軽いので、証拠能力は否定されないでしょう。

したがってメールの提出は可能と考えられます。

 

実際の作業は周辺の事情などや環境で色々かわりますので専門家『弁護士からのご請求を

お勧め致します。

問題点

  • デジタル性
  •   デジタル証拠の為容易に改編が出来ます。そこに証明力にに問題があります。
  •   LINEなどの写真や既読文章相手とのやり取りの改編は困難となります   
  •   自分のメールではないと主張する
  •   自分のメールと認めてだが改編されていると主張される。
  •   自分のメールと認めて不倫はしていないと抗弁する。

提出

  1.   プリント提出 
  2.   カメラで当該画面を撮影して写真として提出

 

意外と裁判において不貞を証明出来る事もおおいですが

内容にもよります。探偵などの報告書提出前に攻める場合などに有効的に使いましょう。

弁護士事務所からの紹介で来られるケースに良くみられるパターンですね。

もう少し深い証拠があればとなります。

二人で部屋からんp出入りや食事してホテルなどの出入りなど決定的なものが1番である事は言うまではないでしょう。

ガルエージェンシ-川口埼玉の無料相談をしてみてください。

 


ページTOPへ